2018年6月 鹿児島縦断グルメ・食べ歩き・温泉一人旅 旅行記 その4 鹿児島の名店訪問

和食
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

知る人ぞ知る、鹿児島の予約困難なお店。
今回の旅の最大の目的です。
その中から特に素晴らしかった数品を紹介します。

北海道産馬糞ウニの天ぷら
馬糞ウニを大葉で包み、天ぷらにした一品。
昨年築地場内へウニを買いに行ったことを思いだすと、このウニの塊だけで3000円以上するんじゃないかな。
絶妙な塩加減と温度感。とろーっとうにがとろけるのが今でも忘れられません。
s2018kagoshima0577

熟成 アラの刺身
約2週間熟成させて、うまみをたっぷり引き出したアラの刺身です。
醤油、塩カボス等でいただけますが、一押しは塩とカボス。
熟成され落ち着いた脂と極限まで引き出される旨味、極厚に切ることで感じるブリっとした噛み応え、本当にすごい刺身です。
s2018kagoshima0601

あん肝の握り
とにかく握りが素晴らしかった。
まずシャリですが、コメの大きさ、粘り、食感、酢の香り、酸味どれもがネタの良さを極限まで引き出すいい仕事をします。
また、今回いただいたあん肝はふわふわっとした食感に、濃厚なうまみ。
寿司ってこんなにうまいんんだーと感じたお寿司でした。
s2018kagoshima0609

今回の記載はこれだけです。
また行きたいな・・!!

タイトルとURLをコピーしました