白馬岩岳マウンテンリゾート・マウンテンハーバー@長野県白馬村 子供と一緒に1280mの絶景リゾートをブログで紹介

子供とお出かけ
スポンサーリンク

三連休の中日に子連れで白馬岩岳マウンテンリゾートに行ってきました。白馬岩岳マウンテンリゾートというと白馬マウンテンハーバー(HAKUBA MOUNTAIN HARBOR)がインスタ等で有名ですが、ネットで調べても、白馬岩岳マウンテンハーバに何が体験できるのか、料金はいくらなのか、混雑状況はどうなのか等、分からなかったのでブログに記載したいと思います。

白馬岩岳マウンテンリゾート HAKUBA MOUNTAIN HARBORの絶景テラス

出典:白馬岩岳マウンテンリゾートHP

絶景のマウンテンハーバが有名ですが、アクティビティー、トレッキング等、山岳リゾートが気軽に楽しめます。

スポンサーリンク

白馬岩岳マウンテンリゾートについて

白馬岩岳マウンテンリゾート | HAKUBA IWATAKE MOUNTAIN RESORT
HAKUBA IWATAKE MOUNTAIN RESORT(白馬岩岳マウンテンリゾート)は、長野県白馬村にあるマウンテンリゾートです。白馬三山が最も美しく望める絶景スポットをはじめ、マウンテンバイク、ゆり園、紅葉、スキー、スノーボードなど、四季を通して特別な時間をお過ごしいただけます。

2018年にオープンした長野県の白馬村にある白馬岩岳、標高1280mにあるマウンテンリゾート。
白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、栂池高原スキー場栂池ゴンドラリフト株式会社を運営している「白馬観光株式会社」の和田さんがこの白馬岩岳マウンテンリゾートを仕掛けたそうです。
1998年にピークを迎えその後はスキー人口減少が進み今はピークの1/3、そんな逆境の中、恵まれた環境を活かしてスキー場を1年中遊べるリゾート地にするというこの取り組みは、いろいろな業種でもヒントとなりそうな気がします。

岩岳マウンテンリゾート アクセス

白馬駅から3.2KMにあるゴンドラ乗り場に行きゴンドラを10分ほど乗ると標高1280mの山頂に到着します。

ゴンドラ前には大型駐車場があり、3連休の中日だったのでかなりの車がありましたが、満車で駐車できないという事はないと思います。

山頂まではゴンドラ(ノア)で移動します。
このゴンドラ結構怖いですw。

白馬岩岳マウンテンリゾート入場料は
大人2400円、小学生1300円、未就学児は無料です。
この入場料には、白馬ヒトトキノ森に行くリフト料金も含まれます。

かなりの急こう配をたまに揺れながら上がるので、結構怖かったです。

本格的にマウンテンバイクをする人用のコースもあます。
(アクティビティー 1200円で参加するコースとは異なります)

7.8分で山頂に到着。

ノア山頂駅出ると、そこが白馬岩岳マウンテンリゾート山頂エリアです。

白馬岩岳マウンテンリゾートでできる5つのこと

まずは白馬岩岳マウンテンリゾートに何があるかを理解しましょう。
大きく分けて山頂エリア、ヒトトキノ森エリアがあり、山頂と白馬ヒトトキノ森はリフトもしくはアクティビティー(カート、マウンテンバイク)で移動します。(5線サウスリフトは白馬岩岳マウンテンリゾート入場料で利用可能)

グーグルマップを利用して、実際の距離感を表すとこんな感じです(ごちゃっとしていて見にくいですが)。

(出典:地図 googlemap)

これを踏まえてできること5つを紹介します。

①白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)を眺めるマウンテンハーバー(CITYベーカリー)
白馬岩岳マウンテンリゾートというと、やっぱりマウンテンハーバでしょう。ここには、CITYBAKERYがあり絶景とともにパンやサンドウィッチがいただけます。

白馬三山を見渡す場所に建っています。
この日は、「夏の曇り」という風景を見るには全くダメな日でしたが、それでも目の前にせまる白馬三山は本当にすごい!
一見の価値ありです。

有名な絶景スポット。
順番に写真を撮ることもできます。
連休中日ですごく混んでいた日ですが、それでも写真撮るのに行列は10分も並ばないと思います。

②岩岳グリーンパーク、白馬ヒトトキノ森の絶景スポットを楽しむ
ノア山頂駅、白馬ヒトトキノ森には絶景スポットがあり、スノーピークの座り心地のいい椅子でくつろぐことができます。
岩岳グリーンパーク
山頂駅のすぐ近く、眼下には白馬の街が見えます。
曇りの日でしたが、とても美しい景色です。
この写真の下側にヒトトキの森エリアがあり、リフト(下りも利用可)、アクティビティー(カート、マウンテンバイク)、トレッキングで移動することができます。

白馬ヒトトキノ森(山頂からリフトで移動)
標高1100mぐらいの場所にある、2021年秋にオープンしたニューエリアです。
ここには、ティーラテとスコーンの専⾨店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ⽩⾺)」があり、絶景を見ながら、ティーラテとスコーンをいただくことができます。

③ヤッホースイング(Yoo-Hoo SWING) 白馬三山を見ながらのブランコ
白馬観光YOUTUBE ヤッホースイング
場所:山頂(HAKUBA MOUNTAIN HARBOR横)
営業期間:4月28日~11月13日
営業時間:9:00~16:00
料金:500円(1名/1回)~
※対象:身長110㎝以上、体重100㎏未満、ウエスト100㎝未満の方 ※悪天候によりクローズあり)
有名なブランコ1名/1回500円で絶景のブランコが楽しめます。

乗れる時間はハイジのオープニングが流れている2分程度、前後の準備を合わせると1組5~10分ぐらいかかります。

行列状況、待ち時間
三連休中日だと12時段階で20組ぐらい行列ができていました。
大体100分から200分ぐらいの待ちになるので待ち時間には注意ですね。(さらに混む日は整理券性になるそうです)
正確な待ち時間は、一組何分かかっているのか×待ち人数で計算してみてください

④アクティビティーを楽しむ
白馬岩岳マウンテンリゾートでは以下のアクティビティを楽しむことができます。
この中でおすすめはマウンテンカートですね。
山頂からヒトトキノ森エリアまでの1.4キロ程度の下りをカートで降りていきます。
年齢制限はないですが、身長140㎝以上(座ってハンドルが操作できること)が必要です。
身長ギリギリの時は、ガイドセンターでOKかどうか見てもらえます。

・ガイドセンター
ノア山頂駅近くにあるガイドセンター。テントの施設で現金払いだったと思います。

・マウンテンカート 受付時間8:45-15:00 一回1800円
子供140㎝以上
下の様なカートで下っていきます。
着席し、前のハンドルに手が届くようであればアクティビティーに参加できます。

一部はマウンテンバイクとコースを共有しながらヒトトキノ森まで下っていきます。

・バギークルーズ  
受付時間9:00-15:30 大人2000円、子供1000円
子どもから大人まで楽しめるアクティビティで、家族で一緒に満喫
出典:白馬岩岳マウンテンリゾートHP

・ねずこの森 ウォーキングツアー 
午前の部10:00 午後の部13:00 大人2000円、子供1000円


出典:白馬岩岳マウンテンリゾートHP

その他、本格的なマウンテンバイクコースに行けるEバイクのレンタル
・Eバイクレンタル 受付時間8:45-15:00 30分1500円
・乗馬体験 受付時間8:45-15:00 一回2000円
乗馬体験などもできます。

・マウンテンバイク 受付時間8:45-15:00 一回1200円
子供がマウンテンカート操作にちょっと身長たりなかったので、マウンテンバイクを体験しました。

詳しくは、白馬岩岳マウンテンリゾート公式HPアクティビティをご覧ください

アクティビティ | 白馬岩岳マウンテンリゾート
HAKUBA IWATAKE MOUNTAIN RESORT(白馬岩岳マウンテンリゾート)は、長野県白馬村にあるマウンテンリゾートです。白馬三山が最も美しく望める絶景スポットをはじめ、マウンテンバイク、ゆり園、紅葉、スキー、スノーボードなど、四季を通して特別な時間をお過ごしいただけます。

⑤食事を楽しむ
白馬岩岳マウンテンリゾートには、
(ⅰ)Hakuba Deli STAND  (ⅱ)マウンテンハーバー CITY BAKERY (ⅲ)ティーラテとスコーンの専⾨店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ⽩⾺)」の食事処があります。

本格的に食べるなら①  サンドウィッチやパンなどの軽食は② お茶やスコーンだと③となります。
(ⅰ)Hakuba Deli STAND(白馬デリスタンド)

このメニュー以外に 屋外でのBBQメニューなどもあります。

(ⅱ)CITY BAKERY(ニューヨークベーカリー)@マウンテンハーバー 
白馬三山を眺めながらの食事がいただけます。
内容はいわゆるシティーベーカリーです。
シティーベーカリーのおいしいサンドウィッチが、絶景によりさらにおいしく感じます。


お昼の12時ぐらいはすごく混んでいましたが、14時ぐらいには席確保もよゆうでできました。

今回は、白馬豚のクロワッサンサンド1078円をいただきました。

クロワッサンにつく岩塩が塩味のアクセントとなりとても美味しかったです。

(ⅲ)ティーラテとスコーンの専⾨店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ⽩⾺)」
ティーラテとスコーンのお店CHAVATYがヒトトキノ森にあります。

今回はティーラテとスコーンのセットを注文

同じスコーンを食べるにしても、景色がいいといいですね!

白馬岩岳マウンテンリゾートでかかる費用

いろいろ出来る事を書きましたが、費用が気になりますので、計算してみました。必須は入場料のみなので、景色を見に行くだけなら大人2400円で済みます。

入場料のみで出来る事
マウンテンハーバからの景色を見る、岩岳グリーンパークでくつろぐ、白馬ヒトトキノ森に行く、トレッキングをする
などができるので、これだけでも十分だと思います。
食事をする、アクティビティー(2回)を楽しむとなると、大人7900円(子供6300円)ぐらいかかります。
ご参考まで。

(表 白馬岩岳マウンテンリゾートでかかる費用)

内容 価格
必須 白馬岩岳マウンテンリゾート入場料 2400円(子供1300円)
選択 アクティビティー マウンテンカート 1800円
選択 アクティビティー MTB 1200円
選択 食事(CITYベーカリー) 1500円ぐらい
選択 ヤッホースイング 500円
合計 大人7400円(子供6300円)

白馬岩岳マウンテンリゾートでの遊び方・スケジュール・混雑状況などを解説

ここで、子供と遊んだ実際のタイムスケジュールを書きます(ご参考まで)。

11:30 白馬岩岳マウンテンリゾート ゴンドラ乗り場到着
連休中日でしがた駐車場も満車になることなかったです。

11:40入場料を払い ゴンドラに乗る
チケット販売も混むことなく購入できました。また、ゴンドラも混んでいませんでした。

11:50 ノア山頂駅到着

12:00 ヤッホースイング、マウンテンハーバに行く
ヤッホースイング、マウンテンハーバが大混雑のため、アクティビティー申し込みに行く。

12:30 アクティビティー マウンテンバイク
マウンテンカートに乗りたかったのですが子供の身長が微妙に足りず、マウンテンバイクに変更(1200円/回)

アクティビティーセンターで申し込みをして、スタートのテントへ(50mぐらい離れた場所)

ヒトトキノ森ができてからは、ヒトトキDHがマウンテンバイク、マウンテンカートのコースとなります。

絶景を眺めながらのDH最高です!

下から見るとこんな感じ。
スキーコースをマウンテンバイクで下っていきます。

10分ぐらいでゴール。
ここで、カート、マウンテンバイクを渡します。

13:00 CHAVATY HAKUBA(チャバティ⽩⾺)
ヒトトキノもりにはチャバティー白馬があり、ここで小休憩。

今回は、ティーとスコーンのセット1200円+(ボトルに変更170円)を注文。

白馬の美しいを見ながらのスコーンと抹茶ラテ とっても美味しかったです。

13:20 山頂エリアへ

13:30 シティーベーカリーで遅めのランチ

13時となると、パンで残るはスコーンのみでした。

飲み物は500mlのジンジャエールは200円(税別)。

白馬豚のクロワッサンサンド1078円
なかなか美味しかったです。

曇りでもこの景色、本当に最高です!
次は、晴れた紅葉シーズンに来たいですね。

14:30 再度マウンテンバイクでヒトトキノ森へ

15:30 山頂エリアに戻り その後 下山
ヒトトキノもりでくつろいでいると雨が降ってきたので下山

並ぶことなく帰る事ができました。

16:00 スノーピーク白馬へ
こちらはスノーピークの直営店とレストラン、スタバが入った施設。
駐車場は結構混んでいました。

長野五輪のジャンブ台を見ながらスタバをいただきます。

17:00 道の駅 ハクバで行者ニンニク 豚丼
五穀米にかかるたっぷりのニンニク油が罪悪感ありながらも美味しいどんぶりでした。

感想

昼前から白馬岩岳マウンテンリゾートに行き、マウンテンバイク、マウンテンハーバー、絶景を見ながらのお茶、すごく気持ちいい山岳リゾートを楽しみました。
ちょっと天気悪かったからか、三連休中日でもすごく混んでいる事なく、十分楽しめましたよ。
今度は紅葉の季節、春の残雪ある季節に訪れたいと思います。

白馬岩岳マウンテンリゾート

タイトルとURLをコピーしました