2019年8月 祇園MAVO@京都祇園 大暑の京都で真夏のフレンチ

フレンチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

真夏の京都。
自分が最も好きなフレンチの名店「祇園MAVO」さんに行ってきました。
フレンチが敬遠されがちな「真夏」、日本食が好まれる「京都」でいただく「真夏のフレンチ」。「真夏の京都」に対極的な感じしますが、実はこれが素晴らしい。
力ある夏の食材を、酸味や最適な温度感で、ぞんぶんにいただく。
そんな素晴らしい「真夏のフレンチ」でした。

祇園MAVO
オープン時からずっと通っている祇園MAVO。
祇園の喧騒の中、落ち着いたこの雰囲気がとても好きです。
sDSCB2323
sDSCA3050

料理がスタートするまでの間、これからいただく料理にワクワクしながら時を過ごします。やっぱりこのワクワク感がレストランでの醍醐味ですよね。
祇園MAVOさんは自分にこういうワクワク感を持たせてくれる大切なお店です。
sDSCA2813

辻喜代治さんの抹茶
内閣総理大臣賞を受賞する辻喜代治さんの抹茶。
暑かった外から涼しいお店に入り、ほんのり冷たい旨味たっぷりの抹茶をいただくと、ほっとします。
sDSCA2814

始まりはたまごから
祇園MAVOさんのシグニチャーの一つ「始まりはたまご」
トロ―っとした卵黄、いくら、スモークされたリンゴとクルトン、魚醤の香りするスプマンテの一体感が素晴らしい。これを食べるとMAVOに来たな~と思える象徴的な一皿。
sDSCA2838
sDSCA2845

甜茶入りフォッカチャヤ
今回は甜茶入りの自家製フォッカチャヤ。軽い食感がソースともすごくあいます。
sDSCA2853

長良川の鮎 エスカベッシュ
前菜の一皿目は長良川の鮎とエスカベッシュ。
鮎は西村シェフが大切にしている夏の素材。冷菜ながら冷たすぎず、食材の旨味をしっかりと味わえる温度感とエスカベッシュの酸味が素晴らしい。付け合わせのズッキーニのフリットが甘味を補完し、これらの一体感が素晴らしい一皿。
sDSCA2859
sDSCA2877

オマール海老のババロアとトウモロコシと甜茶のフリット ビスクソース
前菜二皿目は西村シェフのスペシャリテの一つ オマール海老。今回はババロアでいただきます。濃厚なオマールの旨味のババロアとトウモロコシ甜茶の甘味の融合が素晴らしい。一口食べると「うまい」と思える素晴らしい一皿。
sDSCA2887
sDSCA2885
sDSCA2891

焼き加茂茄子と千両茄子のソルベ 平井牛のコンソメ
前菜の3皿目は茄子。
今回のコースで最も印象に残った一皿。京都大原 上田農園さんで育てた加茂茄子と千両茄子の旨味を存分いただけます。上田農園さんの焼き加茂茄子はトロ―っとしていてまるで茄子の旨味たっぷりのクリームの様。平井牛からとる命のコンソメと加茂茄子、千両茄子の旨味、キャビアの塩味、これらの一体感が本当に素晴らしい一皿です。
sDSCA2909
琥珀の様に輝く平井牛のコンソメがとても美しい。
sDSCA2912

のどぐろ 夏野菜の柚子ソース
この日の魚料理はノドグロでした。
熟成しうまみを引き出したノドグロ、そこには枝豆やオクラ、信州のトマト等夏の野菜、それをまとめるのは柚子の香りするソース。ノドグロの上にはカラスミがかかっていて、ノドグロの旨味との融合が素晴らしい。ノドグロのうまさ、夏野菜の個性をしっかりと味わえる美味しい魚料理でした。
sDSCA2944
sDSCA2929
sDSCA2953

リセットのパッションフルーツのソルベをいただき、平井牛をいただきます。
sDSCA2965

松ぼっくりでいぶした平井牛をいただきます。
sDSCA2957

平井牛のランプと万願寺唐辛子
メインは平井牛のランプ。そこに万願寺唐辛子、中央のポテトというボリューミーな一皿。
グリルされた平井牛のランプはすごく心地よい食感ながら旨味がすごいお肉。
平井牛、ポテト、万願寺唐辛子をソースに絡めながら食べると何とも言えない幸福な気持ちになれるとっても美味しいメインです。
sDSCA2974
sDSCA2982
sDSCA2980
平井牛素晴らしいですよね。
sDSCA2989
sDSCA2999
sDSCA3003
sDSCA3009

白桃のソルベとガストロバック
デザートは白桃のソルベ。ふんわりと食感いいアイスとガストロバックでコンポートさた桃。デザートまで素晴らしいです。
sDSCA3013

抹茶のミルフィーユ
最後は楽しみにしていた抹茶のミルフィーユと日本茶。
sDSCA3047
辻清治さんの抹茶をたっぷり使い、そこに柑橘の香り。
ねっとりとした食感、濃厚な抹茶感とほんのり香る柑橘の香り、それを存分に感じられる素晴らしい温度感。抹茶のミルフィーユをいただきながら、今日のコースの余韻に浸ります。
sDSCA3039

(感想)
真夏の京都でいたく夏のフレンチ。
夏を感じる個性ある素材×フレンチ、真夏にMAVOさんでしかいただけない素晴らしいフランス料理でした。
今回は、クリーミーな焼き加茂茄子と平井牛のコンソメ、平井牛のグリルがとても素晴らしかった。
次は冬だと思いますが、次に伺うことを本当に楽しみにしています。

祇園MAVO (ギオンマヴォ)
TEL 075-708-6988
予約受付時間(完全予約制)
9:00-11:30、15:00-18:00、22:00以降
住所:京都府京都市東山区下河原通上弁天町440 舞風館 1F
営業時間
ディナー 16:00、19:00スタート
定休日:火・水曜日
facebook
https://www.facebook.com/mavo.gion

 

タイトルとURLをコピーしました