景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟@和歌山県白浜 子供連れ宿泊記 白浜でリラックス

旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟に子供と大人2名で行ってきました。
どんな場所にあるのか、どんな料理がでるのか、どんなホテルなのか等の旅行記を書きたいと思います。

 

南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟

ドリーミン等のホテルを手掛ける共立リゾートが運営しているホテルです。白良浜から約1.6キロ離れた小高い丘の上にあるホテルです。
浜千鳥の湯 海舟公式HP

14時に着いたので駐車場はガラガラでしたが、その後満車になっていました。

チェックイン
このホテルの注意点は夕食時間です
公式HPにも以下の様にかかれています。

「ご到着時に2箇所のお食事処 (潮さい、海ほたるのどちらか1箇所)とお時間(17:30〜、20:00〜の2部制)をお選びいただきます。満席時は、ご希望のお食事処やお時間をお取りできないことがございます。予めご了承くださいませ。」

要は夕食の時間はチェックインの早いもの順なので、17:30からの食事を希望する場合は早めのチェックインをしないといけません。
(満室の夏、16:30頃チェックインでは20時からの食事となっていました)
白浜行く人は、初日南紀白浜アドベンチャーワールドに行き、遅めのチェックインという人も多いと思うので注意が必要です。さすがに、子供がいて20時から食事というのは遅すぎると思います。

館内マップ
部屋は、暁の抄、波の抄、離れ浜屋で構成されており、中央に食事処、波の抄側に風呂があります。
風呂は男湯、女湯があり、外風呂の一番奥(海側には)混浴露天の浜千鳥の湯があります。
(※浜千鳥で着る湯あみの置き場(赤枠)は浴場入口の通路の右側に置いています。取りに戻ると結構距離あるので取り忘れには注意してください。(浜千鳥の着替え場においてくれればいいんですがね。試行錯誤された結果なんでしょう))

今回は14時に到着、部屋に入ったのは14時45分ぐらいでした。
その間ロビーの椅子でリラックス。

梅ジュースが無料であり、飲みながら海を眺めます。

このロビーは夜は軽食がいただける場所になります。

チェックイン 部屋紹介

部屋にも浴衣が置かれていますが、多くの浴衣がロビーに置かれていますので、好きな浴衣を持っていくのもいいと思います。

部屋までは畳張りの廊下。
靴を履かず歩くって気持ちいいですね。

部屋 波の抄(41m2)
手前が和室、奥がベッドルームとなっています。

部屋には露天の風呂がありますが、これが温泉かどうかは分かりません。

食事、お風呂に行く際のかごも置かれています。

温泉

風呂は良かったですよ。内風呂、露天とあり白浜のお湯を楽しむことができます。
注意点:混浴露天の浜千鳥の湯に入るには湯あみが必要で、それは温泉入口の湯あみ置き場にあります。くれぐれも忘れないようにしてくださいね。

自分は内風呂がお気に入りでした。本当に気持ちのいい湯です。
写真は海舟さん公式HPからのものです。

湯あみと浜千鳥の湯(出典 海舟 温泉公式HP)

 

食事

夕食 海ほたる
1730から夕食がスタートです。
海舟には 和食の海ほたると・和洋折衷の潮さいがあり、今回は海ほたるで和食をいただきました。海ほたるの方が人気みたいですね。

メニュー
料理は 梅酒の食前酒に始まり、前菜、押しずし、お造り、スープ、焼き物、熊の牛のすき焼き、選ぶ一品、油物、ご飯、水菓子と続きます。

前菜

造り トロ、紀州鯛、平鯵

めはり、焼き鯖、穴子寿司

ヴィシソワーズ

熊の牛のすき焼き

蝦夷鮑 梅ワイン蒸し

豚の角煮(選択)

一口ヘレかつ

さざなみご飯(選択)

マンゴープリン

海舟 海ほたる夕食 子供料理

全体的に本格的な和食・懐石料理というわけではないですが、ボリュームもたっぷりあり満足でした。

海舟 朝食 潮さい
夕食が海ほたるだと、朝食は潮さいとなります。
しかし、基本は和食の朝食でした。

温泉卵と納豆、海苔、飲み物は取り放題です。

潮さい朝食 子供メニュー
子供メニューは和食も選べますが、今回はオムレツとパンを選びました。
オムレツはデミソースの優しい味です。

その他 サラダに前菜もつきます。

白良浜までの距離
白良浜まで約1.7KM 徒歩20分ぐらい
家族で白良浜に海水浴っていうにはちょっと離れすぎていますね。
無料シャトルバスありますが、本数がすごく少なく使いにくいですね。タクシーを使うのがいいと思います。

久しぶりの白良浜、すごく綺麗ですよね!

白良浜観光には湯先浜広場駐車場がお勧めです。
ちょっと白良浜から離れていますが、1時間無料で車を停める事ができます。

白良荘グランドホテル裏の駐車場でも500円/hぐらいなので、そこまで高くはないですね。

感想

南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟に夏に泊まり、大人二人、子供一人で宿泊して5万2000円ぐらい。
・白良浜まで結構遠い(1.7KM)
・初日のチェックイン時間で夕食時間が決まり、初日のチェックインが遅くなると遅い夕食になる可能性がある
・サービスは老舗旅館の様な感じではなくカジュアルな感じ
を気を付ければ、ファミリーでも問題なく、ゆったりと過ごすことができると思います。
特に良かったのがお風呂ですね。内風呂がお気に入りでした。
料理は、本格的な懐石料理ではないですが、ボリュームあり満足できると思います。
今回ゆっくり過ごすことができました。
ありがとうございました。

南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟
住所:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1698−1
TEL:0739-82-2220
チェックイン 15:00 チェックアウト11:00

タイトルとURLをコピーしました