2022年 第20回東伊豆まち温泉郷 ほたる観賞の夕べ@大川竹ヶ沢公園 東伊豆の大自然を感じながら幻想的なホタルを観賞

子供とお出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

6月に入り蛍の季節になりましたね。
もう何十年前になりますが、子供時代のキャンプ時に見た「田んぼに一面に飛び交うホタルの光景」が印象的で、この時期になると無性にホタルが見たくなり子供といろんな蛍スポットに出向いています。
今回は 第20回 東伊豆町大川のほたる観賞の夕べに行ってきました。

第20回 東伊豆町大川のほたる観賞

すでに20回開催されているほたる観賞のイベントで、毎年3月に5000以上の蛍の幼虫を放流し育てています。水の管理、環境の整備、幼虫の世話などとても大変な苦労を重ねこのインベントを開催されています。池でみれる幻想的なホタル、ちょうちんウォークで間近に見られる蛍、満点の星と東伊豆の大自然を感じる事ができました。また行きたいなと思える素晴らしい体験をありがとうごいました。
第20回 東伊豆まち温泉郷ほたる観賞の夕べHP

(出典:東伊豆観光協会 ほたる観賞の夕べ

(出典:東伊豆観光協会 ほたる観賞の夕べ

ほたる観賞の夕べ紹介

今回は土曜日に行く予定だったので、渋滞を考えて電車で行く事にしました。
(臨時駐車場が100台ほど用意されるそうですが、週末の伊豆の渋滞のすごさを考慮して電車にしまいした)
大きな流れは以下の様になります

①シャトルバスで会場に向かう→②協力金200円/人を払い 提灯をもらう→③ほたる観賞(メイン会場の池、ちょうちんウォーク800mぐらいの区間)しながらおもてなし広場へ→④シャトルバスで駅または駐車場へ(徒歩でも駅まで10分程度です)

①19時09分 伊豆急 伊豆大川駅下車
アルコール消毒と検温をしてシャトルバスに乗車し会場まで送ってもらいます。

19時25分 会場到着
会場に到着。伊豆大川駅から会場までは5.6分程度です。

②ほたる育成協力金200円/人を払い 提灯をもらう

③ほたる観賞、ちょうちんを持ちおもてなし会場へ

④おもてなし会場から送迎(もしくは歩いて駅へ)

 

東伊豆まち温泉郷 ほたる観賞の夕べ@大川竹ヶ沢公園 混雑状況
19時9分着の電車では10数名しかいなかったので空いているイベントかと思いきや、結構人がいます。地元の方、旅館、ホテル宿泊して訪れる方が多い印象。今回は車で行っていないので駐車場の状況は分かりませんが、今ぐらいの来場者だとなんとか駐車場が確保できているレベルかな。これ以上人が来る、天気状況によっては満車になる事も多いと思いますので、電車で行くのがいいと思います。

ほたるの紹介

今回は aメイン会場より b~dのちょうちんウォーク区間で蛍がたくさん見られました

(出典:東伊豆観光協会 ほたる観賞の夕べ

a メイン会場
池の奥の方に十数匹の蛍がいます。今回はちょっと少なかったですね。
写真はiso3200ぐらいでシャッタ速度15秒ぐらい 会場は写真以上に暗いです。

b ちょうちんウォークが始まったすぐの所

蛍が間近でみられます。運がよかったら服やちょうちんに止まってくれることもあります。


皆さんスマホを片手に思い思いの動画を撮っていました。

c 暗くなった川沿いに蛍の群れ
ちょうちんウォーク半分ぐらい行ったところに蛍の群れ。ここは木々に囲まれていて空からの月明り等が全くなく暗い場所だったので、写真以上に蛍の光が映えていました。


d 提灯ウォーク3/4行ったところに大量の蛍の群れ
おもてなし会場に近くなったところで大量の蛍がとんでいましたよ!
iso3200で20秒程度の写真です。空の明るさと比較してもらうとわかりますが、暗いそらが明るく見えるぐらい、会場は写真で見るより暗かったです。
美しい星空、蛍の光、木々の香りと柑橘類の爽やかな香り、本当にこの時期にしか味わえないいい体験ができました。

④おもてなし会場
ここではたこやき、焼き鳥、抽選、ワサビの販売などが行われています。
またここからシャトルバスでの駅や駐車場へのピストン輸送が行われていました。

右側が20時20分ぐらいのシャトルバスを待つ行列。
そんなに待たないと思いますが、自分は子供と駅まである事にしました。

おもてなし会場から伊豆大川駅まで徒歩10分程度。下り坂だし全く苦になりません。
分かりにくい場所には下の様な案内もあり迷う事もないと思います。

伊豆大川駅には各旅館からの送迎バスがとまっていました。
やっぱり旅館に泊まりに来て蛍を見に行く人がおおいのですね!

自分たちは21時02分の伊豆急で帰宅。
伊東からのJRが品川まで直通で寝て過ごせるため、かなり楽に帰宅する事ができました。

感想

第20回東伊豆まち温泉郷 ほたる観賞の夕べ@大川竹ヶ沢公園に参加させていただきました。
すでに20回目を迎えるイベントということもあり、運営、提灯ウォーク等の趣向、道も整備されていてすごく安全にドキドキしながらとても楽しめました。
蛍も毎年5000匹の幼虫を育て放流してるだけあり、広い範囲に多くの蛍を見る事ができます。このイベントへの日々の努力、苦労に感謝しかありません。
「道を歩いていると蛍が自分達に近づいてくる」こんな今の時期にしかできない貴重な経験を子供と体験する事ができました。運営されてる皆様、本当にありがとうございました。

第20回 ほたる観賞の夕べ
第20回 東伊豆まち温泉郷ほたる観賞の夕べHP
2022年6月3日(金)~6月12日(日)
19:30~21:00(雨天中止)Twitterで開催状況発信されています
最終入園 20:25
会場 大川竹ヶ沢公園(最寄り駅 伊豆大川駅)

タイトルとURLをコピーしました