【ラーメン・ディナー】 ズンド・バー(ZUND-BAR)@神奈川県厚木市七沢 大山の麓にあるAFURI原点の店

ラーメン
スポンサーリンク

神奈川県厚木市七沢にあるズンド・バーに行ってきました。大山(通称:阿夫利山)の麓にあるラーメンチェーンAFURIの原点になる店で、厚木の奥地、七沢にお店があります。今回はこのズンドバーの場所・アクセス、混雑状況、駐車場、店内、メニュー、料理の内容をブログで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ズンド・バー(ZUND-BAR)とは


厚木の山奥、大山(通称:阿夫利山)麓七沢にある全国に展開するラーメン店「AFURI」の原点の店で2001年にオープンした店です(すでに20年以上前なんですね。。。)2003年からAFURIとして恵比寿にオープンをスタートし、現在は東京・神奈川を中心に16店舗、アメリカに2店舗展開しています。オープン当時はバーの様なスタイリッシュな店内と厳選された素材でメディアにもよく紹介されていましたね。

ZUND-BAR(阿夫利)公式HP

AFURI
神奈川県阿夫利山から生まれたらーめん店AFURIの公式サイト。柚子塩らーめんをはじめ、厳選素材の旨味を丁寧に抽出した、正統派の淡麗系らーめんで皆さまをお出迎えします。

場所・アクセス

小田急本厚木駅から8.8キロ、車で約20分の場所にあります。
バスだと厚38広沢寺温泉行 に乗り七沢城跡で下車し400mぐらい歩いた場所にあります。

ズンドバーの看板をみたら左の細い路地に入ってきます。

お店の奥に駐車場があります。

駐車場は広く35台ぐらい停められるそうです。車で行くのがいいと思います。

周辺は小川や丘があり、自然を存分に感じられますよ。

店内・混雑状況

(混雑状況)
土曜の17時ぐらいに行きましたが、行列や待っている客はなし、すんなりとお店に入ることができました。
(店内)
店内はステンレスと古民家風の内装が特徴的です。

カウンターもあるので一人でも気軽に行くことができますね。

メニュー

メニュー構成は、ラーメン(塩、醤油、つけ麺(雨露))、ご飯類(肉飯、炙り頃チャー種等)、デザートとなっています。AFURIでは柚子塩ラーメンが人気ですね。

今回はここから
炙りチャーシューらーめん 1380円
炙りコロチャーシュー飯 690円

をいただきました。

料理の紹介

左から炙りコロチャーシュー飯、炙りチャーシューラーメンです。
ラーメンの器がステンレスであるのが特徴ですね。

炙りチャーシューらーめん 1380円
海苔、歯ごたえある竹の子、水菜、煮卵、炙ったチャーシュー2枚のラーメンです。

澄んだスープに鶏油(チーユ)が入り、味がまろやかになっています。
しんなりとした水菜が思った以上に鶏油と合っていましたね。

全粒粉の麺は細目ストレート、歯ごたえはラーメンというより蕎麦に近い印象でした。
魚介のスープの鶏油の組み合わせはまろやかでパンチは弱く個性ある風味、麺はストレートの細麺でスープとの絡みは弱く、一体感はちょっと弱いかな。一方、優しい味でこういうのを好む人もいると思います。評価が分かれそうですね。

炙りコロチャーシュー飯 690円
炙ったチャーシューに薬味、大根おろし、柚子、細かく刻んだ漬物のご飯もの。
これは間違いなく美味しいどんぶりです。

炙ったチャーシューは香ばしくうまみもあり、それに大根おろしと柚子の風味がとてもあっています
特に右下の漬物がすごくいい仕事しますね。
塩味(えんみ)、香ばしさ、柚子の香りがとてもいい美味しいどんぶりです。

それぞれを別々にたべてもいいし、全部混ぜて食べてもいい。
食材の組み合わせを楽しんでみてください。

感想・まとめ

炙りチャーシューらーめん 1380円、炙りコロチャーシュー飯 690円をいただい2070円。
ラーメンは魚介と鶏油からなるやさしい独特の味わいで評価が分かれそう。
個人的にはもう少し醤油のパンチがあるのが好きかな。
一方、炙りコロチャーシューはとても美味しいどんぶりでした。
炙った豚と柚子香りの組み合わせは最高ですね。

ZUND-BAR(ズンド・バー)
ZUND-BAR(阿夫利)公式HP

AFURI
神奈川県阿夫利山から生まれたらーめん店AFURIの公式サイト。柚子塩らーめんをはじめ、厳選素材の旨味を丁寧に抽出した、正統派の淡麗系らーめんで皆さまをお出迎えします。

TEL:046-250-0123
住所:神奈川県厚木市七沢1954-1
営業時間
平日 11:00〜21:00 (L.O)
土日祝 9:00〜21:00 (L.O)
定休日 1月1日

タイトルとURLをコピーしました