2018年6月 鹿児島縦断グルメ・食べ歩き・温泉一人旅 旅行記 その7最終話 妙見石原壮@鹿児島県霧島市で日帰り温泉入浴とランチ懐石(懐石料理 ランチ)

和食
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅の最後は鹿児島空港から10キロぐらい離れた所にある高級旅館 妙見石原壮さんへランチを食べに行きました。

妙見石原壮
https://www.m-ishiharaso.com/
鹿児島空港近くにある、鹿児島を代表する高級旅館です。
霧島火山からあふれる天然のお湯を加水することなく、源泉そのものを体験することができます。今回はそんな妙見石原壮さんで、鹿児島旅行の締めくくりとしてランチをいただきました。
(※2018年 新燃岳の噴火が活発な霧島火山ですが、火山から直線距離で15KMも離れています(鹿児島市ー桜島火口間が約10キロです)、まったく影響を感じませんでした。)

鹿児島空港から車で15分ぐらいで着くのですが、秘湯感たっぷりです。
s2018kagoshima1341
s2018kagoshima1344

石蔵
2007年リニューアルされた妙見石原壮の食事処です。
そのデザインは故杉本貴志さんが創設者である、スーパーポテトのデザイン。
今回は個室で食事をいただきましたが、個人的には石蔵での食事の方がお勧めだと思います。
s2018kagoshima1186

エントランスを抜けるとそこは明らかな高級旅館。
s2018kagoshima1182
s2018kagoshima1667
s2018kagoshima1348
s2018kagoshima1350

天降川をの対岸には、もう一つの高級旅館
忘れの里 雅叙苑 が見えます。
s2018kagoshima1666
s2018kagoshima1665

妙見石原壮マップ
源泉の位置の関係より、本館から少し歩いて温泉に行きます。
ただ、この移動はまったく嫌ではない、むしろ緑豊かな自然に囲まれながらの散歩は、本当に心地いです。
この深い緑に、天降川のせせらぎ、あとカワセミがいれば満点でしたね。
s2018kagoshima1172

露天風呂 椋の木からの帰り道
こんな素晴らしい小道を歩いて温泉に行きます。
s2018kagoshima1272
s2018kagoshima1264

天降川
露天風呂近くの天降川。
この川を眺めながら、ほんのり硫黄の香りがする、やや白濁したお湯は本当に素晴らしいの一言に尽きます。
s2018kagoshima1196
s2018kagoshima1257

露天風呂、大浴場で風呂に入った後は、湯上りラウンジでゆったりと旅の疲れを癒します。
s2018kagoshima1273

JAZZ流れる本当に居心地のいいラウンジで、水分補給をします。
日帰り温泉タイムは、レモンウォーターとコーヒーがいただけます。
s2018kagoshima1291
s2018kagoshima1309
s2018kagoshima1318

食彩 石蔵
いよいよ、食彩石蔵で食事です。
今回は個室だったので、石蔵内も見せていただきました。
s2018kagoshima1352
s2018kagoshima1355
s2018kagoshima1657

半個室の石蔵
個人的には、個室よりこっちがよかったな。。。。
s2018kagoshima1659

個室 で食事をいただきます。
s2018kagoshima1170
こちらからも天降川を見ることができます。
s2018kagoshima1169

ランチの本懐石 11860円(サービス料、税込み)
6月の本懐石は以下の流れです。
s2018kagoshima1359

塩トマトアボカド射込み
まずは前菜。
鹿児島産黒豚の生ハムで巻いた、塩トマトとアボカドです。
それと、ノンアルコールのうまみたっぷりの甘酒です。
この甘酒の素晴らしい味に感動。
s2018kagoshima1363
黒豚の生ハムのうまみが素晴らしい。
s2018kagoshima1368

養老蒸し
次は蒸し物。
アオサとワサビ、下にはたっぷりと海産物が入っています。
s2018kagoshima1377
山芋、ホタテ、イカなどたっぷりと入っていました。
s2018kagoshima1413

琥珀寄せ 
白だつ 大名筍木の芽味噌焼き、辛子蓮根、川海老、穴子八幡巻、蛸柔煮
s2018kagoshima1417
s2018kagoshima1421
s2018kagoshima1426

近海のぶえん
いわゆる刺身です。
ぶえんとは「塩をしていない魚」から新鮮な魚という意味です。
本マグロと白身の魚は「あこう」というはたの仲間の高級魚です。
本マグロはまずまずですが、あこうが美味しかったな。
s2018kagoshima1453
s2018kagoshima1446

陸蓮根すり流し、鱧葛叩き
陸蓮根つまり「オクラ」のすり流しです。
中には、レア状態の鱧が入っている初夏を感じるお椀です。
s2018kagoshima1465

雨降川天然鮎塩焼き
いよいよ鮎の季節ですね。
天降川で取れた天然鮎をシンプルに塩焼きしています。
6月が旬の鮎。別名通りの香りをいただけます。
s2018kagoshima1486
s2018kagoshima1511

鹿児島牛のロースト
メニューには書かれいない鹿児島黒毛和牛のローストです。
山椒とポン酢ソースでさっぱりといただけます。
添えられる野菜も、初夏を感じる野菜のローストです。
s2018kagoshima1513
s2018kagoshima1525
旨味たっぷりの美味しい和牛でした。
s2018kagoshima1537

青梅白ワイン煮
青梅を白ワインで煮込んで、ソルベと共にいただく、お口直しです。
さわやかでかつ梅の濃厚なうまみを感じる美味しいお口直しでした。
s2018kagoshima1540

地鶏つくね蓴菜鍋
今回は薩摩地鶏のじゅんさい鍋でした。
s2018kagoshima1552
じゅんさいがたっぷりと入っています。
s2018kagoshima1558
胸肉
s2018kagoshima1561
s2018kagoshima1568
s2018kagoshima1577
s2018kagoshima1590

朴葉めし
最後はトウモロコシごはんを朴葉でくるんだ、朴葉ごはん。
ここまでくるとかなりお腹いっぱいです。
s2018kagoshima1594
s2018kagoshima1617
s2018kagoshima1602

みつ豆 アイス最中
最後はデザート。
上質なイチゴと桃のみつ豆に、知覧茶のアイス最中と知覧茶をいただきました。
s2018kagoshima1625
s2018kagoshima1633
s2018kagoshima1634

知覧茶
鹿児島旅行の最後を知覧茶で締めくくれるのはいいですよね。
s2018kagoshima1649

(感想)
11880円の本懐石にオールフリー、個室代(3564円)合わせて16200円ぐらい。
さすが鹿児島を代表する高級旅館だけあり、本当に素晴らしい旅館ですね。
特に霧島の大自然の恵みを風呂で感じる事ができる、温泉は本当に素晴らしかったです。次回は本当に宿泊したいと思っています。
鹿児島旅行の締めくくりに、鹿児島旅行の宿泊地として、本当にいい旅館だと思います。

妙見石原荘
https://www.m-ishiharaso.com/
天降川渓谷沿いに佇む温泉旅館
〒899-5113
鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4376番地
TEL:0995-77-2111
受付時間 8:00~20:30

タイトルとURLをコピーしました