【2022年夏休み子連れ小浜島旅行記】その8 小浜島電動自転車めぐり 小浜島レンタルショップガミSUN

2022年夏休み小浜島旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シュノーケリングに行った後に電動自転車で小浜島巡りをしました。今回は自転車での小浜島めぐり、実際のルート、レンタル自転車について書きたいと思います。

小浜島一周について

小浜島一周 どれぐらいの距離、時間が必要
小浜島は面積7.86Km2の小さな島です。観光スポットをガミSUNさんの資料で紹介します。

(観光スポット)
①大岳展望台
②西大岳展望台(ちゅらんの碑)
③集落(こはぐら荘)
④シュガーロード
⑤星野リゾート
⑥はいむるぶし
⑦細崎(くばさき)港(マンタの展望台)
⑧マングローブ
⑨コーラルビーチ
⑩見晴らし最高の道(ちゅらさんでも使用)

ですね。

サイクリングコース
すべてをめぐる(A)、おすすめスポットのみを巡る(B)、さらに有名ポイントのみを巡る(C)があり、それぞれの所要時間とめぐるポイントを下に記載します。

(A)全部めぐる 4時間以上

(B)おすすめスポット 3~4時間
①大岳展望台②西大岳展望台(ちゅらんの碑)③集落(こはぐら荘)④シュガーロード⑦細崎(くばさき)港(マンタの展望台)⑨コーラルビーチ⑩見晴らし最高の道(ちゅらさんでも使用) 4時間

(C)セレクト 2時間
②西大岳展望台(ちゅらんの碑)③集落(こはぐら荘)④シュガーロード⑦細崎(くばさき)港(マンタの展望台)

おすすめは、(B)か(C)だと思います。

・実際のサイクリングコース
今回は以下のコースをサイクリングしました。
③集落(こはぐら荘)④シュガーロード⑤星野リゾート⑥はいむるぶし⑦細崎(くばさき)港(マンタの展望台)⑩見晴らし最高の道(ちゅらさんでも使用) を自転車で走り、2.5時間 17.2KM でした。
ご参考まで。

どこで自転車を借りる?

自転車を借りれる場所は大きく分けて2か所あり、①ホテルで借りる ②小浜港のレンタルショップだと思います。自分たちは②小浜島港のレンタルショップで借りました。

①リゾナーレ小浜島で借りる

利用時間 8:00~18:00(日没時間によって変化)
2時間:1,600円 (お子様自転車の場合は700円)
4時間:2,200円 (お子様自転車の場合は1,100円)

リゾナーレの小浜島レンタルサイクリングは8時からです。
よって朝6時から2,3時間小浜島巡りにするのに対応できません。また、子供用の自転車は普通の自転車です。

早朝のサイクリングをしない、子供が26インチの自転車に乗れる、もしくは普通の自転車でいいならばホテルで借りるのが便利でいいと思います。

②小浜島港のレンタルショップで借りる

小浜島ショップを選んだ理由
・早朝の小浜島サイクリングに対応できる
・20インチ(身長130センチぐらいの子供が乗れる電動自転車がある)
→ガミSUNさんにあり

レンタサイクル | 小浜島レンタルショップ ガミサン | 小浜島レンタサイクル、レンタバイク、マリンスポーツならガミSUNへ
レンタサイクル-電動自転車- 圧倒的1番人気! 坂道だらけの小浜島では電動自転車がスタンダード♪子供用電動自転車もご用意しております。(20インチ) ※お子様乗せ(前乗せ、後ろ乗せ)共にご用意がございます。 1時間 55 …

・1日レンタル料金≒ホテルの4時間料金
一方
・レンタル自転車を借りに行く返しに行く手間がかかるとうデメリットもありますので、
ご自身の旅行プランを鑑み選んでください。

小浜島のレンタルショップ

小浜島港を出たところに数件のお店があります。
最も大きな店は「レンタル結」さんですね。
自転車以外もいろいろ充実している印象です。

今回利用したガミSUNさんはその隣にあります。

また、よくランチで紹介されているBOBS CAFE下にもレンタル自転車屋さんがあります。

ガミSUNレンタル料金

レンタル用品 | 小浜島レンタルショップ ガミサン | 小浜島レンタサイクル、レンタバイク、マリンスポーツならガミSUNへ
小浜島レンタルサイクル、レンタバイク、レンタル用品一覧 | 小浜島は八重山諸島の中でも特に坂道が多い島です。初めての方にも安心の電動自転車やレンタカーもご用意しています。

今回はホームページ予約していきました。ホームページから予約すると割引ありとてもお得です。
レンタサイクル 24時間 2250円(通常2500円)
レンタバイク (50cc・原付バイク) 24時間 3500円(通常4000円)

小浜島サイクリングの紹介

小浜島港を出てサトウキビ工場を通りシュガーロードを目指します。

この灰色の建物はサトウキビ工場だそうです。

あっという間にシュガーロードに到着

ちゅらさんで有名になった一本松もありましたよ!

昔はサトウキビ畑だらけだったシュガーロードですが、現在は石垣牛の方がもうかるので牧場が多くなっているそうです。確かにいたるところに、牧場があり牛が育てられていました。

シュガーロードを抜けると集落に入ります。
集落は小高い丘の上にあり、自転車で上がると大変です。
電動自転車を強くおすすめします。

珊瑚をつかった塀、いかにも沖縄らしい建物です。

静かな集落、にぎやかさはありませんが、逆にこの落ち着いた感じが魅力なんだと思います。

集落の中心街です。
ここには郵便局、ガソリンスタンド、島唯一の商店前本商店があります。
小浜島はにはコンビニがなく40年前ぐらいにタイムスリップしたような感じがしてとてもいいものです。

唯一のショップ前本商店です。飲み物、スナック菓子、パンなど一通りのものは売られています。

自動販売機も置かれています。

集落にはこはぐら荘もあります。
平成13年(2001年)もうすでに21年前の話なんですね。
だいぶ 古くなった感ありますが、まだ立て札も残っています。

民家なので中に入ることはできません。しかし、外にはこはぐら荘の立て札を置いてくれていて住民の方に感謝ですね。

集落を抜け大岳を目指します。
サトウキビ畑を間を抜ける道を進みます。

左に見えるのが大岳です。標高は99mで上に登っていくと八重山諸島が一望できるそうです。

大岳近くにはヘリポートもあります。緊急搬送等で使われるんでしょうね。

大岳近くまできました。
北側に向かい右手側に曲がると、景色のいい坂道です。

これも「ちゅらさん」でよく使われていた道ですね。

その後、細崎港の方に向かいます。
大岳前には駐車場、駐輪場があり、そこから300段の階段を上ると山頂にいけます。
今回は立ち寄らず細崎港に向かいました。

大岳近辺から細崎港に行くまではほぼ下り坂、逆を言うと細崎から集落に行こうとすると上り坂となります。電動自転車でなかったらかなりしんどいと思います。

飼われているのですが首輪のつけていない子ヤギもいました。

細崎港に行く途中 ちゅらさんでの「和也の木」があるアカヤ埼方面です。

自分で書いていても何のことか分からなかったでの、下にGoogleマップを記します。
今は和也の木がある丘は立ち入り禁止、木が見えるところに立てられていた「ちゅらさんの碑」も西大岳展望台に移転されています。

小浜島の西端にある細崎港に到着。

ここにはマンタの展望台で有名な「海人公園」があります。

海岸からさらに西を見ると西表島が見えます。大きな島ですね。

ここも「ちゅらさん」のロケで使われた港ですね。ちゅらさんでは小浜島港ではなく細崎港をつかって小浜島にやってくる設定になっているのを知りました。
目の前には 雨柱がたっていますね。数キロ先は大雨なのでしょう。

帰り、また坂を上らないといけなのかと思っていると、リゾナーレ小浜島(はいむるぶし)に行くには坂を上らなくてもいい道があるんですね。

帰る途中バギーの一行が通り過ぎました。これは面白そう!

リゾナーレ敷地内に入ったところにある、小浜島のゴルフ場にはクジャクがいました。
小浜島には野生の孔雀もいます。ただ、このクジャクは昔飼われいたものが逃げて野生で繁殖したもの。外来品種らしいです。今は適切に駆除もされていて数の管理もされているそうです。

別日 コーラルビーチにも行きました。
雨の中、大岳を通り過ぎ北に向かいます。

コーラルビーチに降りるにはかなりの急坂があるので、やっぱり電動自転車以上がMUSTと思いました。

この日は雨でしたが、それでも十分綺麗なコーラルビーチ。

カナンホテル、サヌファ近くにあるので行ってみてください。

感想

初回(小浜島港→集落→細崎)が17キロ、2回目(リゾナーレ→コーラルビーチ→小浜島港)が8キロ合計25キロの自転車旅。1,2回合わせると約3時間で大岳や西大岳展望台に行くことも考えるとやっぱり小浜島を全部まわろうとすると4時間弱ぐらいかかると思います。

晴れたらよかったのにな。。。

と思いながらも、また来年きたらいいやと思い、来年はじっくりといろんな所をめぐりたいと思います。

(2022年夏休み子連れ小浜島旅行目次)

その1 リゾナーレ小浜島3泊4日宿泊子供連れ旅行概要全体まとめ 
その2 リゾナーレ小浜島宿泊記 おすすめポイント、攻略法
その3 リゾナーレ小浜島 (ディナー)OLIOLIの夕食ビュッフェ
その4 リゾナーレ小浜島 (モーニング)OLIOLIの朝食ビュッフェ
その5 島ダイニング ゆうな
その6 居酒屋SANUFA (サヌファ)
その7 「幻の島」浜島へ上陸半日シュノーケリング
その8 小浜島電動自転車めぐり 小浜島レンタルショップガミSUN
その9 小浜島ナイトツアー@星空探検なちゅら

タイトルとURLをコピーしました