【2022年夏休み子連れ小浜島旅行記】その3(ディナー・ビュッフェ) OLIOLI(オーリオーリ)の夕食ビュッフェ紹介

2022年夏休み小浜島旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初日の夕食はOLIOLI(オーリオーリ)@リゾナーレ小浜島でディナービュッフェをいただきました。

OLIOLI(オーリオーリ)について

OLIOLI(オーリオーリ)
リゾナーレ小浜島のメインダイニングです。南国のフルーツを随所に使い、様々なスパイスでアレンジしたディナーが味わえます。食事内容はビュッフェとメイン(行った日は牛肉のロースト)がいただけます。

公式HP

オーリオーリ | 【公式】星野リゾート リゾナーレ小浜島|星野リゾート - 珊瑚礁と白砂のビーチに抱かれた、遥かな沖縄離島のリゾート
シェフが目の前で仕上げる料理や個性溢れるデザートなど、様々なビュッフェをご堪能いただけるレストラン。亜熱帯の楽園リゾートに相応しいおもてなしと、賑やかに語らい過ごせる開放的なロケーションが魅力です。

営業時間
18:00〜20:30(L.O.20:00、宿泊者専用)
料金
大人 5000円、7〜11歳 3500円、4~6歳 2500円、3歳以下 無料
要予約

場所・混雑状況

場所はフロント棟の隣にあります。
夕食は要予約で、繁忙期では1か月ぐらい前でも18時前後のいい時間は埋まっていました(コロナ対策で人数を制限していることが原因ですが)
早めの予約をおすすめします。

メニュー

ソフトドリンクは無料ですが、アルコールは有料です。
石垣島地ビール 1000円
グラスワイン800円程度

とう感じです。

この日のメインは牛肉のロースト、マコモダケの素揚げ、つるむむらさきのソテーです。

店内

店内は赤い椅子で南国らしさを感じます。
外の光とのコントラストが素敵な店内です。

入口から奥に向けて
・ドリンクコーナー(パッションフルーツ、リンゴ、オレンジ、さんぴん茶等)
・スイーツ、デザートコーナー
・冷たい料理(サラダ、沖縄料理前菜等)
・温かい料理(田芋のグラタン)
・特別料理コーナ(グルクンの天ぷら)

となっています。

ドリンクコーナー(パッションフルーツ、リンゴ、オレンジ、さんぴん茶等)
パッションフルーツのソフトドリンクが美味しかったですね。
さんぴん茶で料理をいただくのもいいと思います。

・スイーツ、デザートコーナー
マンゴータルトはワンホール、たっぷりとマンゴーがのっています。

紅イモタルトにわらび餅

特にこの黒糖ソフトがすこし甘いですがすごい美味しい!
朝もあったので毎日いただきました。

黒糖ソフトクリームとパフェにするためのトッピングもたっぷりです。

・冷たい料理(サラダ、沖縄料理前菜等)

サラダと沖縄料理がいただける冷たい料理ゾーンです。
名物サラダは自分で作るシーザーサラダだそうです。

レタスにカリカリベーコン等をいれてシーザーサラダを作ります。

その他、ぶつ切りマグロなんかもありました。

・温かい料理(田芋のグラタンやオレンジソーキ等)
人気あるのは田芋のグラタン。田芋(たーむん)は沖縄の芋。水田の中で次々と小芋を増やす事から、子孫繁栄をもたらす縁起物として、沖縄のお正月や盆などの行事料理には欠かせない食材だそうです。
確かにこの田芋のグラタン とっても美味しかったです!

左がアーサークリームニョッキ、右が魚のトマト煮

唐揚げもジューシーで美味しかったです。

ソーキのオレンジ煮
こちらはソーキのオレンジ煮。トロっとしたソーキにオレンジの苦みが特徴的な一皿。妻は苦手だそうです。僕は好きだったんですけどね。。。

個人的にはこのゴーヤと野菜の蒸し物がとても好き!
野菜から沖縄を感じます。

・特別料理コーナ(グルクンの天ぷら)
特別りょうりはグルクンの天ぷら。グルクンは白身の魚で沖縄ではよく食べられるそうです。
ねっとりとした食感の美味しい魚でした。

揚げたてをいただけるので、サックっとした衣の食感とねっとりとした白身魚のうまみがとてもいい。

天つゆで食べてもいいし、塩でいただくのもいいと思います。

料理をまとめるとこんな感じ。
相変わらずいまいちな取り方だと自分でも思いますw

スイーツは黒糖ソフトが甘くておいしい!

メイン料理 牛肉のロースト
メインは牛肉のローストでした。こちらは個人的にもう少し表面の焼き加減が強い方がすきです。
塩で食べてもいいし、チュミチュリソースでさっぱりといただくのもいいと思います。

最後は子供への沖縄食べ物クイズ!
マースが「塩」って事をここで知りました。その後、居酒屋、石垣散策でマースという言葉が出てくることあり「塩」という意味を知ってることが役に立ちました。

感想・まとめ

以上のディナービュッフェをいただいて大人5000円、子供3500円でした。
ディナーはリゾナーレらしく美味しかったですね。子供もとても喜んでいました。

雰囲気は赤を基調とた室内と、ラグーンプールからの光のコントラストがとてもいい雰囲気でした。
料理は一品一品質高く、特にグルクンの天ぷら、田芋のグランは美味しかったですね。

朝もビュッフェなので飽きちゃうと思いますので、毎日はおすすめしませんが、一度は行ってみる事をお勧めします。初日等に行ってみるはいかがでしょうか。

 

OLIOLI(オーリオーリ)@リゾナーレ小浜島
公式HP
https://risonare.com/kohamajima/restaurant/ooli-ooli/

営業時間
18:00〜20:30(L.O.20:00、宿泊者専用)
料金
大人 5000円、7〜11歳 3500円、4~6歳 2500円、3歳以下 無料
要予約
カード可(部屋付けで最終日に精算)

(2022年夏休み子連れ小浜島旅行目次)

その1 リゾナーレ小浜島3泊4日宿泊子供連れ旅行概要全体まとめ 
その2 リゾナーレ小浜島宿泊記 おすすめポイント、攻略法
その3 リゾナーレ小浜島 (ディナー)OLIOLIの夕食ビュッフェ
その4 リゾナーレ小浜島 (モーニング)OLIOLIの朝食ビュッフェ
その5 島ダイニング ゆうな
その6 居酒屋SANUFA (サヌファ)
その7 「幻の島」浜島へ上陸半日シュノーケリング
その8 小浜島電動自転車めぐり 小浜島レンタルショップガミSUN
その9 小浜島ナイトツアー@星空探検なちゅら

タイトルとURLをコピーしました